発育障害の症状や特徴、病院、専門家、子供の接し方や教育方法などの基礎知識や広汎性発達障害、自閉症、アスペルガー障害、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動障害)について書いています。

発達障害,自閉症,知的障害
 発達障害という言葉をご存知でしょうか?これまでは教育現場においてもあまり理解がなく発達障害児がいても「落ち着きのない子」「少し扱いにくい子」という程度の認識だったかもしれません。一般的には知的障害を伴わない(総合的なIQが正常範囲内の)軽度発達障害だけを指す場合が多いようです。

 発達障害の代表的なものとして、広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群、小児期崩壊性障害)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などがあります。

 また、発達障害といっても状態像は多様です。同じ診断名でも、子どもの個性や、発達の状況や年齢、置かれた環境などによって目に見える症状は異なります。当サイトでは、これらの発達障害についてわかりやすく解説していきたいと思います。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの子も発達障害かも・・・。 一人で悩む前に!

自分の子供が発達障害かもしれないと気付けたなら、悩んだり落ち込んだりする前にやるべきことは理解を深めることです。いつもそばにいる家族が他の誰よりも理解してあげる必要があります。

●発達障害をあなたはきちんと理解していますか?
発達障害について正しく理解すれば、適切な対応が取れるようになります。

●あなたのお子様は一体どんな障害のか?
ご存知のとおり、発達障害にも様々なものが存在します。知的障害、広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー障害含む)、注意欠陥多動性障害、学習障害など、それらの障害をきちんと理解すれば、適切な対応を取れるるようになります。

●なぜ子供は「困らせる行動」をするのか?
発達障害の子供の行動には、すべてに大切な意味があります。その意味についての理解を深める必要があります。

●母親の行動の後、子供は一体どういう行動をするのでしょうか?
母親が発達障害を理解して、実際に行動を起こすことで子供の状況が大きく変わります。

●効果的なおやつ(ご褒美)の本当の与え方、子供をあえて無視すること、最適な叱り方、最高の褒め方

●何か新しい行動を教えるときのコツや新しい行動を喜んでするように促すコツ、自分ひとりで出来ることを増やすコツ

これらの疑問にこたえてくれるかもしれません。
発達障害児の子育てプログラム
スポンサーサイト
お役立ちリンク
このブログをリンクに追加する
発達障害 -目次-
発達障害 キーワード

自閉症  ADHD  注意欠陥障害  アスペルガー症候群  学習障害  発達障害  知的障害  多動性障害  発達障害支援センター  LD  広汎性発達障害  レット症候群  

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。